カラダのこと

ゆずのチカラ

最近、主人の母から「庭に、たくさんゆずの実ができたけどいる?」と言われ、「ほしいです!」と返事。意外と“ゆず好き”な私です。

完全、無農薬!自然そのままなので、皮の表面が少し黒くなっているものもありますが、体には害ナシ!素晴らしいです。予想以上にたくさん頂いたので、食べる組とお風呂に入れる組に分けました。

これからの季節、ゆずを食べると体が温まります。ゆずの皮をお鍋やうどんなどに入れると出汁とゆずの香りがたまりません( *´艸`) 少し高級になった感じがします。
定番ですが、ゆずをスライスしてハチミツに漬けて、それを紅茶やお湯に入れて飲むのもイイです。想像しただけでも、なんかホッコリします。

昔から、「冬至(2018年は12月22日)」にゆずを食べたりお風呂に入れたりしてますよね。よく考えたものです。現代のように科学的証明など難しい時代に、季節のものを上手く取り入れ健康維持に努めるなんてすごいです。

ゆずの栄養成分

  • ビタミンC
  • ペクチン
  • クエン酸

などが含まれているようです。

ゆずは、皮の部分に栄養素をたくさん含んでいるので、皮ごと使った食べ方をすると良いようです。

風邪予防や免疫力アップに必要なビタミンC。整腸作用のあるペクチン。疲労回復に良いクエン酸とそろっているので、冬はもちろん、通年で取りたい栄養素かもしれません。でも、ミカンのようにそのまま食べるのは難しいので、ゆずジャムをストックし、冬はゆず茶、夏は炭酸水割りなどで飲むと手軽に栄養を摂れそうです。

免疫力アップ!を目指し、いろいろな食べ物を試していきたいと思います。