カラダのこと

初めてのマンモグラフィ(乳がん検診)

40代に突入し、今回初めてマンモグラフィ検査を受けてきました。昨年までは、超音波検査だったので、未知の世界です。

マンモの検査って痛いらしいよ。

そんなウワサを聞いていましたが、実際はどうなんだろう⁇
検査当日、検査内容の説明と問診があり、そして順番を待って検査へ。もちろん今回の検査も自治体の集団検査を予約したので、検査技師さんは女性。始める前に説明を受け、いざレントゲン撮影です。

できるだけおっぱいを平らにした方がいいので、まず軽くおっぱいを挟んで、少し手で押して調整した後に更に挟みますので。人によっては痛いかもしれませんが、あまり痛かったら教えてくださいね。
はい。わかりました。
(ギューっとおっぱいを潰され、痛い…。)
痛かったですか?
はい。痛かったです。
でも、このぐらい平らにしないと上手く撮影できないので、少し我慢してくださいね。
何のための確認だったのだろうか?
痛くても、上手く撮れなければ意味がないから我慢するしかないわけね…。

検査技師さんは、淡々と、左右のおっぱいを縦と横に潰し撮影していきました。
我慢できないほどではなかったけど、想像より痛かったです。

約2週間後、ハガキにて検査結果が届きました。
無事、「精密検査不要」と書いてありました。ほっとしました。

乳がんの検査方法には超音波検査とマンモグラフィ検査の2種類があり、それぞれ見つけやすい病変が違うようです。今回受けたマンモグラフィ検査は、40代以上の方が受けると判別しやすい検査のようです。
気になる方は、婦人科の医師にどちらの検査を受けた方が良いか相談してみるといいかもしれません。

ご参考までにこちらを↓
マンモグラフィーとエコーどっちを受けるべき?|COLOR+DA