インフルエンザ

平成最後のインフルエンザ1日目

娘はやっぱりインフルエンザだった。

流行っているけど、熱が出てこないから、やっぱり風邪かな?と安心していたら、熱がだんだんと上がってきました。 

日 時 症 状
1/27 8:00 顔も赤く、ぐったり。熱は、38.9℃
   10:00 休日当番医になっている病院に到着。着いた時にはすでにマスク姿の方がたくさん待っていました。なかなか呼ばれず、ぐったり。待っている間、横になりたいからと車で待機。呼ばれたのは、11:30頃。検査したら、インフルエンザA型と診断される。会計呼ばれるまで約1時間。患者もしんどいが、職員さんも大変そうでした。
   13:00 帰宅後、おかゆを食べ、タミフルと解熱剤を服用し寝る
   15:00 解熱剤を飲んだので、熱も37.7℃に下がっていました。熱が下がった分、少し楽になったみたい。
   17:00 時々起きて、水分を摂る。熱は、38℃
   19:00 同上。
   21:00 熱やだるさはあるものの、少しお腹がすき、食パン1枚を食べる。(パン好きの娘の為に、主人のお母さんが食パンを焼いて持ってきてくれた。感謝。)
   22:00 少し鼻がつまり呼吸が苦しい。熱は38℃。ベポラップを胸に塗り就寝。

医師の言葉に驚いた

病院に行ってビックリしたのは、医師から「インフルエンザの検査します?」と言われたこと。インフルエンザが流行っているし、38℃以上の熱もあるからほぼインフルエンザだろうと素人目にも思いましたが、検査してみないと確定じゃないし、学校の出欠にも関わってきます。

「たぶんインフルエンザです。」なんて学校に言えないです。インフルエンザなら出席停止になりますが、ただの風邪になってしまうと欠席扱いです。何よりウィルスをまき散らしてしまうことにもなります。

皆勤賞を取りたいお子さんだったら大きい問題ですよね⁈中学生なら内申点とかもありますし。たかがそれだけ?と思う方もいるかと思いますが、かかえている諸事情は人それぞれです。

あとは、「薬いります?」と聞かれました。「薬飲んでも、1日ぐらい熱が下がるのが早くなるくらいだけど」と。前日に行ったクリニックで麻黄湯をもらっていたので、タミフルを出すか聞かれました。娘は、具合が悪いのに、まずい漢方を飲むのが苦痛だったようで錠剤の薬を出して欲しいと頼みタミフルを処方してもらいました。

いろんな考え方があると思います。もちろん、たっぷり休養し栄養を摂って、自分の力で治癒できる事が良いのは分かっています。でも、そうも言っていられないのが現実ではないでしょうか?

これもたかが1日です。でも、苦しんでいる本人や家族からすれば、1日も早く楽になりたい(してあげたい)と思うのは普通ではないでしょうか?いつ熱が下がるかなんて分からないんですから。

1人の医師が沢山の患者さんを診なくてはいけず、そっけない対応になるのは仕方がないかもしれませんが、もう少し優しさがある伝え方をしてもらえると救われます。