犬との生活

犬との生活を考えている方へ③

うかっりしてた、意外な落とし穴!

あんなに真剣に話し合ったはずなのに、私はやっぱり初心者でした。
犬との日常生活のお世話のことばかり考えていて、自分達の日常(特に休日の過ごし方)を想像していなかったのです。

うっかりポイント
  1. ほとんど一緒に買い物にいけないこと
    (お店の中まで)
  2. 一緒に連れていけないお出かけの時の
    長時間のお留守番
  3. ペットに関わる全ての費用について

犬の生活費以外にかかるものとは?

最低限の犬の生活費   
  1. ドッグフード代
  2. トイレシート代(室内にトイレを設ける場合)

当たり前ですが、この2つが最低でも毎月かかる固定費でしょうか。

フードもシートも材料や機能性が良いものはお値段が高額になりますが、どちらも安めの商品を利用しても、1か月に1頭約¥4500くらいは最低かかるかと思います。

犬を飼う時に、お金がかかるという事はなんとなく考えていましたが、犬と一緒に楽しく、そして健康かつ安全に生活するためには想像以上にお金がかかります。

生活費以外にかかる費用
  1. 予防接種代(年1回の狂犬病・混合ワクチン代)
  2. ノミ・ダニ・フィラリア予防の薬
  3. 一時預け又は宿泊代(ペットホテル)
  4. 有料のドッグラン代
  5. 病院代
  6. トリミング代(シャンプーやカット)
  7. クッションやマット、おもちゃなどの身の回り品
  8. ケア用品(歯・耳・目など)
  9. ペット保険

他にもお掃除用品や、お水までこだわったりすると、数えきれないほどありますが、私の最大のミスは、利用・購入する際にかかる具体的な料金をチェックしていなかったことです。

上記以外にも、犬を迎えるにあたって事前準備する物(ゲージ、給水器、トイレ、お皿、首輪、リード、クレートなど)だけでも\20,000くらいかかります。

まとめ

ペットと一緒に暮らすことで、命の大切さや責任感、心の癒しなど人だけで暮らしていた時とは違った経験ができるはずです。
ですが、その一方で金銭的な負担もかなりあります。
一度、家族に迎えたら、その命が天国に行くまで途中放棄はできません。人もペットも幸せになれる選択をぜひして下さい。